AGAの症状について

 

AGA治療の病院の選び方は?AGAクリニックで薄毛治療!

 

AGAは前頭部と頭頂部にあらわれる脱毛症のことで、わずか数日のうちに一気に抜けてしまうのではなく、徐々に進行していく特徴があります。

 

数ヶ月や数年といった、かなりの長い期間を経て進行していくため、初期の段階では自分がAGAかどうかがわからず、気付かないまま進行します。

 

はっきり薄くなったとわかってから自覚する方がほとんどですが、シャンプーやブラッシングの際、抜け毛の量が増えるなどの前兆があります。

 

10本や20本程度しか抜けなかった人が、30本以上も抜けるようになったら注意が必要です。
もちろん季節の変わり目や、日ごろの生活習慣、体調によっても抜けやすくなることがあるので、それがはっきりとしたAGAのサインだとはいえませんが、抜けた毛が以前よりも細くなっていたり、短い場合はその可能性があると思った方がよいでしょう。

 

AGAになると、髪の毛が太く、立派に成長する前に抜けてしまうので、細いうえに短くなります。
抜け毛の根元が丸くなっておらず、弱弱しく、ほっそりとした感じに見えたら、ヘアサイクルが乱れているのは間違いないので、初期の段階なら、市販の育毛シャンプーや育毛剤を使えば、改善することが出来ます。

 

フケが多かったり、かゆみや脂っぽさがひどい場合は、脂漏性脱毛症の可能性があるので、自分に合ったシャンプーを使ったり、ゴシゴシと洗いすぎるのをやめるようにすれば、治る場合があるので試してみるようにしましょう。

 

円形脱毛症の場合は前兆はなく、ストレスなどが原因により、免疫細胞が突然正常な髪を攻撃するので、一部分だけが急激に抜けてしまいます。

 

円形脱毛症の抜け毛は根元が丸くなく、形がいびつなのが特徴ですが、ストレスなどの原因がなくなれば、自然に治ることがほとんどです。

 

ただし多発型や全身型などは治療が必要になるので、病院で診察を受けるようにしてください。
抜け毛が増えたときに、それがAGAによるものかわからないときは、専門病院で判断してもらうのが一番なので、悪化する前に早めに足を運ぶようにしたいですね。

 

札幌の薄毛治療・AGA治療ならこちらを参考に。
http://www.angvc.org/

適切なAGA(男性型脱毛症)の治療方法は、頭髪の状態によって異なります。

 

AGA治療の病院の選び方は?AGAクリニックで薄毛治療!

 

全ての人が同じ治療で同程度の効果が得られるとは限りません。

 

薄毛の状態は、ノーウッド分類レベルというものを使って表します。
I型は薄毛やAGAの前段階で、ほとんど気にならない程度です。この場合には将来に備えて育毛シャンプーや育毛剤を使うのが良いです。

 

I型、II型、II-Vertex型は、抜け毛が気になりだした段階です。AGAの疑いがあるかもしくは進行した段階です。この段階では、育毛シャンプー、育毛剤、フィナステリド(プロペシア)で現状維持、ミノキシジルで発毛促進治療を行うと効果的です。

 

III型、III-Vertex型、IV型は、薄毛とAGAが進行している段階です。すでに病院でAGAと診断されてフィナステリドやミノキシジルによる投薬を行っている人が対象になります。この段階では、フィナステリドやミノキシジルである程度発毛を促します。それだけで効果が出ない場合には、HARG(ハーグ)療法という頭皮に直接成長因子を注入する治療を行います。

 

AGAの治療薬が有効なのは、ノーウッド分類のIII型までです。
それ以上のV型、VI型、VII型になると全く毛髪がない部分がある段階に進むので、かつらや植毛治療が必要になります。かつらは根本的な治療ではなく、あくまでも目隠しとして使うものです。
植毛は自毛植毛と言って、自分の側頭部か後頭部の毛髪を毛根ごと採取して、薄毛が気になる部位に移植する方法です。

 

V型以上は毛母細胞が死滅してしまっている可能性が高いので、眠っている毛母細胞の力を復活させるような投薬治療では十分な効果が期待できなくなります。HARG療法も同じことです。
なるべく早い段階であれば、治療の選択肢は広がります。
AGA治療の基本はフィナステリドとミノキシジルの処方が一般的ですが、薄毛の進行に合わせて治療方法を選んだほうが効果は高いです。

AGA治療にはプロペシアと呼ばれる錠剤が使われます。

この錠剤はAGAの原因になるジヒドロテストステロンが生み出されるのを防ぐ薬です。ジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種で、このホルモンによって薄毛が起こります。プロペシアはジヒドロテストステロンが生まれるのを防ぐことによってAGAの進行を抑えます。プロペシアの服用を始めると、徐々に効果が出てきます。まず開始してから3ヶ月の間に髪の毛が抜けるのが減少します。この薬は1日に1回服用します。食前、食後のいつ飲んでも良いのですが、忘れないようにするために毎日決まった時間に飲むようにすれば良いでしょう。

 

プロペシアは病院で処方してもらうことができます。内科や皮膚科などで処方してもらえますが、薄毛の専門の病院もあります。どの病院に行けば良いかわからない時は、まずかかりつけの病院に相談してみましょう。この薬を出してくれる病院の数は意外に多いです。処方してもらったら、あとはそれを飲み続けるだけです。飲み続けて3ヶ月ほどたつと、抜け毛の減少や産毛が目立つようになります。4ヶ月から半年たつと、薄毛が目だたなくなります。この期間に周りの人のなかにあなたの髪の毛が増えたことに気づく人が出てきます。また産毛も成長して、伸びるようになります。6ヶ月から1年たつと、抜け毛の減少がはっきりと分かるようになります。

 

後退が進んでいた生え際にも髪が生えるようになり、髪のボリュームが増したことを実感するようになります。馴染みの床屋に散髪へ行くと、理容師から髪の毛が増えたと言われる人が出てきます。1年から3年目の間には、プロペシアを飲んでいる間に改善が見られたかった部位でも髪が生えるようになります。この薬を飲んでいる人のほとんどが効果を実感します。4年目以降は改善した髪の毛の状態が続いていきます。この薬を続けても副作用が出ることはほとんどありません。服用1年目にごくまれに性機能に関する副作用が出ることがあります。

AGAの進行が早期のうちに

 

AGA治療の病院の選び方は?AGAクリニックで薄毛治療!

 

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、抜け毛や薄毛の進行が進む症状です。一般的には頭頂部や前髪の生え際から徐々に広がり、自然治癒は起こり得ないことから、放置していると髪の毛が残らなくなるほど、頭髪が禿げ上がるようになります。AGAの原因は遺伝やDHTと呼ばれるホルモンの異常、頭皮の血行障害などが挙げられます。特にDHTによる影響はすさまじく、前頭部で多く見られることからAGA治療を開始しても、すぐには改善ができないほどです。AGA治療では症状を遅らせる、または改善する方法しかなく、現代の医療技術では完治させることが不可能とされます。

 

AGA治療は基本的にはフィナステリド製剤やミノキシジルといった薬物療法を行い、薄毛の進行を食い止めるか、発毛を促して髪の毛を増やす方法となります。薄毛が完全に進行してしまった場合は、髪の毛が生えて来るまでの時間が必要になり、さらに成長するまでの時間も必要となります。薬物療法による治療は頭頂部には効果的ですが、前頭部は効果が薄いと言われています。投薬による改善は、頭頂部なら6ヶ月ほどで産毛や薄い毛が生えてきて効果が実感出来ると言われていますが、前頭部では発毛が進まずに1年や2年単位の長期的な治療が必要とされます。
AGAの進行が早期であれば、抜け毛も少なく髪の毛が成長しやすい環境にあるため、薄毛が気になりだしたら、頭皮ケアや治療をすぐに開始すべきです。現在のAGA治療は完治が無理でも、元のフサフサな髪の毛を取り戻すことは可能と言われていますが、効果が実感できるまでの期間は症状の進行具合によって異なります。髪の毛の成長は約7年という長い期間を使って繰り返しているので、発毛ができたとしても、太くコシのある髪の毛になるまでは、かなりの時間が必要だということが分かります。AGAの進行も個人差があるので、まだ大丈夫だろうと考えていると、いつの間にか手遅れになっていたということもあるため、少しでも前兆を感じたら診察を受けてみましょう。

AGAの女性版もある?

女性の薄毛はFAGAが原因で引き起こされることがありますが、これは男性の薄毛の原因であるAGAの女性版です。
AGA治療の病院の選び方は?AGAクリニックで薄毛治療!

 

発症原因としては男性と同じように悪玉男性ホルモンが要因とされています。女性の場合でも男性ホルモンは持っていますので、同じように薄毛リスクがあります。そして生活習慣やストレス、更年期などが原因によってホルモンバランスが乱れてしまい、男性ホルモンの働きが強くなることで薄毛になってしまうのです。
ただ、症状の出方は男性と違っている部分があります。男性の場合は生え際から頭頂部に掛けて広範囲に薄くなることがありますが、女性の場合は全体的に薄毛になったり、分け目が目立つような症状の出方です。ですから男性のように所謂完全なハゲの状態になることは少ないのですが、しかし全体的にボリュームダウンしますので、髪の毛がペタンとした状態に陥ってしまいます。

 

FAGAの治療方法としては育毛剤を使用するのがポピュラーと言えるでしょう。男性ホルモンの働きを抑制する働きがある育毛剤もありますし、女性用として開発されている物も増えています。また、ホルモンバランスが乱れてしまうと頭皮が乾燥気味になってしまうこともありますが、乾燥対策として保湿性のある育毛剤も有効とされているようです。
男性の場合は内服薬を使用して対策をすることがあるのですが、女性の場合でも内服薬を使用して治療をすることがあります。男性用の物は使うことができませんので女性用に開発された物を使うことになりますが、臨床試験でも効果が確認されている効き目に期待ができる内服薬があるのです。

 

女性用の内服薬の場合は栄養補給が主な目的であり、効率的に毛根に栄養を供給できるのが特徴です。栄養補給としてはサプリメントもありますが、サプリメントですと毛根以外の部分にも吸収されるところ、専用の内服薬は他の部分に吸収され難い工夫がされています。その為、毛根に十分な栄養を補給することができ、発毛を促すことができるのです。